新しい命と、第二の人生のスタートに乾杯!

こんな日記を書いた日があったんだなー。

自分がまだバリバリフライトアテンダントをしていた頃に、 

早々と結婚をしてお母さんになった友を訪問した日の日記。


 赤ちゃん。をまじまじと見る。と、いう機会はこれが初めてだったのかもしれない。。 

それまで興味がなかっただけかもしれないなー。 


子供は希望。。ほんとにそう思います。。 

どの子供たちも、みんなみんな。 純真でまっすぐに一生懸命生きている。 

希望いっぱい未来に向けて生きている。 

子供たちの未来のために何ができるのか。。 

そう思った時に。 無力な自分が。。。と思っていたけど、 

今の私は、

自分が希望をもって精一杯生きること。

が、まず自分ができることかと思っています。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 新しい命と、第二の人生のスタートに乾杯!

 - 2008/2/27(水)


 今日は、親友がママになったので、病院に顔を出してみる予定の日。

 なんだか病院に足を踏み入れる前、そわそわしてる自分に気がつき、病院に入る前にいい公園があったので、一人散歩。気分を落ち着けて病院内へ。

では病室にいこっと。。いやいや外の汚い空気を赤ちゃんのお部屋に持ち込んではならんと、トイレでキレイキレイ。今度こそ病室にいざ! 

 乗り込んでみた。 


 久々に会う親友は、少し疲れているように見えたが、優しいママの顔をしていた。 

そして。とっても艶やかですっごく美しい。と、思った。 


そして、その横に、静かに眠る、ちっちゃな赤ちゃん。 

私は、何をいっていいのか分からなかったので、わぁ。とか言った。


 新生児を初めてみたというわけではないと思うけど、見よう!として見たのは初めてなんだと思う。 静かな病室でちっちゃなベッドに真っ白いタオルにくるまれて、しわしわなちっちゃな赤ちゃんがいた。 かぐや姫みたい。って思った。


 お昼のぽかぽかした日差しが差し込む病室で、ママになった親友と、初対面のこれから名前をつけてもらう赤ちゃん。この優しい空間。今まであんまり感じたことのない不思議な空間だった。


 昨夜は赤ちゃんが夜中ずっと泣いてたのでほとんど寝てないよ~ と、かなり寝不足といった感じだった。

ママになるまでも大変なのに、ママになってからも大変。 

こんなことを乗り越えてる世のお母さん達は強くなるはずだってママさんたちを尊敬した。 


女性には赤ちゃんを産める可能性がある。産まない選択もあるし、産めないということもある。 

自分はどうするか、どうなるか分からない。 

 でも自分から新しい命が始まることって奇跡だ、とその時感じた。 

自分の子と出会うこと、それは間違いなく人生の大きな転機だなって思った。 

親友のママとしての人生のスタート、生まれてきた赤ちゃん。心からおめでとう。 


そして、私のお母さんありがとう。とも思った。 


 今日は暖かい一日。 写真は、散歩した公園。乃木邸。

0コメント

  • 1000 / 1000