あるものを数え方が

走っていて故障して辛い


というメッセージをいただきました。


走りたいけど走れない。


私も同じ思いで辛い思い出あります。

治療院を回っては、少しよくなっても、また悪くなって、、繰り替えす。

もうこのままあのように颯爽と走れないのかもしれない。

練習をやすんだら、太って、戻れないかもしれない。。

走れないと、人生が真っ暗。みたいに思う頃がありました。



すごくわかります。。



今は、ゆっくりトロトロのペースで、好きな距離を走るので、

怪我するまで走ることはなくなりました。

ゆっくり動く は、一番の怪我予防かもしれません。。



故障して痛くて走れないなら、

心地よい動きはないかなー?と体と対話してみましょう。


歩くことができるなら、ゆっくり歩いてみてください。

歩くことも痛かったら、

寝っ転がって、足をゆっくり右左カカトをしたに上げ下げしたり、

左右にごろごろしてみてください。

ゆっくりゆっくり動きを感じるのです。

痛みを感じる方にいかないでくださいね。

心地よい動きを探して動くんです。


仕事などで、思うように動けないかもしれませんが。

できるときに、

自分の心地よい動きを探してみてください。


故障しているところは痛くても、

心地よく動けることを探してみてください。

それは、プールや筋トレでももちろんいいでしょうし。

寝転がって足を揺らしてみるのでもいいと思うのです。


動けるのです。

痛くて悲鳴をあげてるところを無理に動かそうとせずに、

動くところを心地よく動かしてあげましょう。


体は全部で一つ。

体の一箇所が動いたら、

全身に動きは伝わるはず。


動く喜びはちゃんと今、あると思うのです。


私は 絢香の にじいろ  という曲のこのフレーズが大好きです。


なくしたものを数えて瞳閉ざすよりも

あるものを数えた方が瞳輝きだす


0コメント

  • 1000 / 1000