プロネーションに片踏みを


自分の左足は内旋しやすい。

私は右を軸として左を内旋させて走る癖が長い間続いたようだ。


内旋しやすい左足は

膝がズキッとすることがあったり、

長い間坐骨神経痛を患っていたし

足の付け根のところがピキッと痛みが走ることがよくある。

着地の際は、

左の踵が内側に転げやすいので、

左の踵が痛くなったりする。


この痛みは生理が始まる前から痛みが出やすかったりもする。

骨盤の動きとか

体の調子

気温の変化なども

古傷の痛みに影響してるようだ。


今、私。ちょっと左に乗せられてない。。


そう感じるときは。


左の足を軸として。

片踏みで走ったり歩いたりする。


内旋しやすい左足には、

体重がうまく乗せづらくなってる。


だから。

左足に体重を乗せて走る練習をする。


すると、

転げていた左踵は、

体重を乗せてあげることで、

転がらず、小指まで体重が乗って

股関節の内旋が抑えられる。


左に乗りづらくなってるから

左に乗せられる練習をする。


もしこのまま左に乗せられないことをほっておいたら。

右はずっと左の負担を背負い続けることになるし。

左の膝は捻られっぱなしになってしまう。

左の足は弱ってしまう。

右の足はくたびれてしまう。


今なら。


左に体重を乗せられる。



体重を乗せられない足に。

内側にプロネーションしてしまう足に。


片踏みを。


一歩一歩。


丁寧に、体重を乗せて。

前進してみよう!






0コメント

  • 1000 / 1000